【受付終了】07/15 <特別イベント> 教育×読書会『砂場の少年』

本イベントはMANABICA参加メンバーのリクエストを形にしたもので、収益は次のリクエストの実現に活用されます。


本イベントでは、子供から大人までが読め、「学ぶ」「教える」とは何かについて示唆に富む、灰谷健次郎の『砂場の少年』を取り上げます。

※『砂場の少年』の文庫版は品切れ中のため入手される際は電子書籍、中古本、図書館等をご利用ください。


灰谷健次郎は、教育の現場の厳しさをリアリズムで追求しながら、他方で、子供たちの心の機微を追いかけ、子供たちに対して、愛情とおおらかさに満ちたまなざしを注ぎ続けた作家です。


本イベントでは、彼の作品に触れることで、「学ぶ」「教える」とはなにか、考えてみたいと思います。教育はただの知識の伝達ではなく、生身の人と人の触れ合いなくしては成立せず、たずさわるひとの人間観が問われる場とも言えるでしょう。


イベント情報

日時:07/15(月・祝)14:00-16:00

定員:12名程度

会場:渋谷の貸しスペース(※1)

参加費:高校生以下:無料、大学生・大学院生:500円、一般:1,000円

参加資格:『砂場の少年』を読まれた方

※1:会場の詳しい情報はMANABICA公式LINEよりイベントの2、3日前にご案内します。


こんな人大歓迎

  • 教育について、参加メンバーと対話・議論してみたい方

  • 現在の教育に関して疑問を持っている人

  • 自分が望む学びの場がないと感じている人

  • むしろ自分で学びの場を作りたい人


お申し込み

以下のボタンよりMANABICA公式LINEを友だち追加の上、所属(高校生以下 or 大学生・大学院生 or 一般)と07/15読書会への参加希望の旨、メッセージをお願いします。

例)「一般、07/15読書会参加希望」

今後のイベントのご案内を公式LINEからも行なっております。公式LINEではイベントの参加希望や、お問い合わせ、「こんな学びの場が欲しい・作りたい!」といったリクエストができますのでぜひ友達追加してみてください!

※LINEをお使いでない場合は以下の申し込みフォームよりお申し込みください。

<ご注意事項>

※キャンセル等ございましたらイベントの2日前までに、公式LINEにてご連絡をお願い致します。

※他の参加メンバーを優先するため、無断キャンセルや連続して直前のキャンセルがあった場合、今後の参加を承らない場合がございますのでご了承ください。

※政治、宗教、本イベントとは関係のないビジネス・セミナーなどの勧誘、チラシなどの配布は固くお断りさせていただいております。もし何かお見かけすることなどあればMANABICA運営へお伝えください。

※イベントの様子は写真撮影させて頂き、撮影した写真は本ウェブサイトやTwitter等に掲載する可能性がございます。顔のわかる写真のウェブ上での公開がNGの場合は、お手数ですがイベント開始前に、公式LINEもしくはイベント会場にてご申告頂けますようお願い致します。